FC2ブログ
 

アイユーゴー ?途上国の人と共に?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ(続き)

すると貧しい地域の人たちのニーズを確認しなければとか、日本側、ベトナム側の目的・夢を共有しようという意見が出た。まさしく正論だ。その通りだ。
しかし、小生だけではないが、ベトナム社会でシステムの厳しさを体感している方はお分かりだが、少数民族に対する体制側は、いろいろな意味で極めて厳しい。
それで、以下のような小生の考えを伝えた。もちろんいろいろな方にとっては異論があるでしょうが。
「途上国は役人が幅をきかせているね。今回の12月の合同セミナー(タイ、ラオス、ベトナム、日本4カ国:ベトナム、ダラット大学が開催地)では、福祉、保健医療などに係わる青年が、「社会的弱者」に対して自分たちはどのような問題を感じ、どのようにしたいか、というミーティングになると思います。タイのワチラ(アイユーゴータイ代表)、ラオスの専門家、神戸大学医学部院生、また一般参加も含めて、いろんな考えが出てくればと思っています。これは役人の立場からではなく一般人から見解が聞けるかなと思っている。
 できるだけアイユーゴーの人は現地に行って、自分で現地の人たちと出会い、語り会い、学んでくるといいと思います。日本の中での討論より、考えさせられると思います。
 小生は社会構造がもたらしている貧困ということを現地で感じることがよくある。たわいないことのようだが、自動車で移動している最中、警察に「スピードの出しすぎだ」と言って、罰金を払わされる。日本のように正確に計れるメーターもないのに。運転手は、しょうがないと言って苦笑いをする。(タイもよくあるそうだ。在理事の言) そんなことなどがあると、言葉にできない何かを感じる。小生は、それに向かってどうにかしなければならないと思うこともしばしば。役人とは別に、貧しい人は黙々と生活をしている。役人は少数民族の貧しい人を見て、薄笑いをしているように見受けることもある。この間もそう感じた場面があった。余計に少数民族の人たちが集まることのできるセンターを作り、彼らが共有する問題点を彼らが主導して動けるようにこちらがサポートすることができればと考えている。そうでなければ、そこにいる少数民族の人たちは大きく国が動くまで、そのままでしょう。」と。
現地で「NGO(Non-Governmental Organization)とは何か」を考えざるを得なかった。日本の役所でも官僚的に対処されるケースもある。そのなかでの民間団体(NGO)の働きは、どのようなものでなければならないか、しばしば自問する。

 

スポンサーサイト

ブログ再開

久しぶりに、ブログを再開。日々の生活に追われ、夢を見ることもできなかった。小生のブログは自分の夢が自分の人生を作る。そのためのブログとしたい。
実は、昨日「雑談の会」(毎月第3日曜日14時?15時30分)のメンバーが、ブログに記事を載せていないではないかと言われて、「そうだ、しまった」と言うことから、書くことにした。
まずは、
<ベトナム報告>
9月2日(01:25出国)から6日(07:30帰国)にまで、ベトナムにいた。今日はそのわずかばかりの報告を載せよう。実はこれは本会の理事の間で交わしている小生が発信したメールからだ。

「今朝、バンコク経由でホーチミンから帰国した。9月2日から6日早朝の予定で、12月のダラット大学での4カ国合同セミナーの打ち合わせ、農業支援センターの現場の視察などの活動をしてきた。ホーチミンの新しい国際空港には驚いた。入国、出国がスムーズになり、快適でした。が、イミグレーションの係官のこわばった顔は相変わらずで、好感が持てなかった。何かが違う。
農業支援センター建設予定の郡の役人もまた、初めて会うにもかかわらず、手をポケットに入れて挨拶したのには閉口した。また、センター建設予定地で、2年前に建設されたグリーンハウスがどうして放置されているのか、予定地の土地改良は現在どうしているのか等々尋ねると、政府の予算が不足して何も出来ないと、手をポケットに入れて答えていた。小生、あきれてしまったので、気づいた事を一つ一つ指摘し、時には返答を求めると、ポケットから手を出してきた。本当に何かが違う。
センターでの彼らに対する教育の必要性を痛感した。「貧困」とは何ぞや。この村はラムドン県で最も貧しいと聞いた。
センターで点在する少数民族(K'ho)に教育しながら、役人が農業に対して何か新しい意識に芽生えてくれればいいのにと、思わざるを得なかった。「貧困」はわれわれの中にも大いに混在している。目に見えるもの、目に見えないものをしっかり見極めながら、ベトナムでの支援を考えていきたいと思ったいる。
また、忌憚のない意見をよろしく。」 

以下次回へ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。