アイユーゴー ?途上国の人と共に?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの事はじめ

このブログにずいぶんと遠ざかっていた。昨年12月にベトナムでの合同セミナーに参加してしてからだ。その当時は、この合同セミナーを無事終えることを最大の課題にしていたからそれが終了して、ほっとしていたせいもあるのだろうか。しかし、書かなければ、書きたいことがあるのにと思いつつ、今日まで来た。19歳から20代後半まで続いていた日記という風にはいかない。書くことによって次の自分を発見する楽しみがあるというのに。筆まめな人がうらやましいか。
 とにかく、先日1月18日から2009年のアイユーゴーの活動が始まった。というより小生の活動が始まった。毎月第3週の日曜日14時から「雑談の会」がある。今月は7名が出席するということだったが、5名となった。30代、50代、60代、80代のかたの集まり。本会に初めての方が2名おられ、NGOのことを知りたいという事だったため、事業地の地図をお見せして30分間説明をした。その後、自己紹介をしてそれぞれの関心をもっておられることを伺った。また日本でこのような会が行われている「日本を良くする会」のことも話した。
 「新田さん、こりゃ右翼やで」と「日本を良くする会」のパンフレットを見て、声が飛んだ。「いやいやそんなことないですよ」と、こんな方、あんな方など色々な方が今の日本をどのように思い、どのようにしたらいいかという話をしているところだ、そしてそれらの話をまとめて大きな声にして、日本を良くして行こうという会だといったことを話した。
 海外に出て、その国の人と話すとき、まず日本の状況を話せる人はどれほどおられるだろうか。あまりに少ないこと、唖然とする。もっと日本のことを語ろう。自分の地域のことを語ろう。グローバル市民として。

 今年、娘が成人となった。アメリカにいるからこちらの開催された成人式に出席はしなかった。
それで正月三が日を終え、アメリカに帰国する前に5冊の書物を渡した。神戸の妙心寺派の和尚様から紹介された本、岩波新書の「私とは何か」に始まり、ハーバード大学の入江昭氏の「日本の外交」、城山三郎の「落日燃ゆ」、そして書名は忘れたが、神戸の街を作った鈴木商会を語る小説、さらに「論語」を与えた。「私」に気づき、日本とアメリカの歴史を知り、戦争の残酷さを学び、日本の現代での一つの国作り、そして、仏教と同じころ日本に影響を与え、一つのアジアの精神となっている思想を学ぶように話し、これら5冊を渡した。もちろん、聖書も読むでしょう。幸い、アメリカの大学生は日本の学生と比較にならないくらい勉強しておりその環境は素晴らしいと語っているから、時間を取り、これらの書物を読んでくれると思っている。
 書物だけ日本がわかるはずはない。日常の忙しさの中で日本を見ることは難しいかもしれない。しかし、雑談の中でこんなことよりもっといいことができるのに、こうすれば、ああすればといったことが話せる場があることは大切なことと思う。

 それではまた。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。