アイユーゴー ?途上国の人と共に?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナムのダラット大学における4カ国合同セミナー

このセミナーは、三菱UFJ国際財団から助成を受けて12月7日から11日にベトナムのダラット大学で行われる医療福祉と社会福祉の合同セミナーである。つまり人間が困った状況にいるとき、どの分野でどのように扶助を受けるのかを考えるセミナーである。参加者は、日本からは神戸大学大学院で医療福祉の研究をする院生、ベトナムからはダラット大学の社会福祉学部の学生、院生、助手、講師また、タイからはミャンマーの難民センターの司令官とヘススケアー、ラオスからはヘルスケアーである。いろいろな分野の若者が集うセミナーとなっている。同じ分野の人たちが4カ国から集うのではない。従来、こうしたセミナーは同じ分野の専門家が集まり、国同士の情報交換となることが多い。今回は、少しひねりを入れている。同じこのグローバルな世界の中で、異なる分野の専門家が国の枠にとらわれず議論をしようということだ。
 たとえば、一人の交通事故者が病院に運び込まれた。日本人は医療福祉の視点でその患者に対処する。そのあと、ベトナム人が社会福祉の視点で、患者をケアーする。タイ人は事故の原因からケアーに至る過程での問題点、それに対する改善点はなにか、難民センター内での事故を想定して、考える。それぞれの立場で考え、それそれの考えに補足するところ等を補うことができると、いいのかなと考えている。
もちろん、最も大切なことは、若者がこのセミナーでふれあい、啓蒙しあい、ネットワークを築き上げられるといいかと思っている。
 現在、当初参加予定者で、日本から一人、ラオスからも一人キャンセルがでた。現在タイの国際空港が封鎖されている。タイ、ラオスの参加者に影響が出なければと思っている。
  
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。